我が家の愉快な猫たち 猫用品や病気についてもあり

ちー、茶々、あー、とわ、モフモカ、チョコの6猫たちです。みんな外で頑張っていた拾った子たちです。

家庭にある猫の誤食に気を付けるモノ


現在の楽天市場で人気のペット用品

我が家の猫たちの危ない誤食の実例

いずれも実際に食べてしまったモノです。吐き出したり、便として出て来ました。排出されないと、内臓に詰まってしまい手術で取り除くか、または死んでしまう事もあります。

関心もなくて食べない猫もいますが、食べると危ないので、取り除いていた方が良いです。

■食べたモノ

・紐 麻紐や毛糸やビニール紐など

キャットタワーの麻紐も劣化すると外れて食べやすくなるため、麻紐の脚の部分はテープで巻きました。キャットタワーの爪とぎ用の麻紐はテープになっていてありません。これの方が安心です。

・ジョイントマット 特に凸の部分

・猫用おもちゃ 特に羽根や小さい玉やネズミ
 
・観葉植物

・ダミーのプラスチックの観葉植物

・ビニール袋

■遊んで危険なモノ

・画鋲やネジなど金属類

カチャカチャと音がすると怪しい、遊んでいるかも・・(・・;)

■齧るモノ

・電化製品のコード 特に子猫の歯が伸びる時

昔ノートPCのコードを齧られ使用不能に・・(TOT)

■誤食しやすく気を付けるモノ

・まずは、紐類!猫のおもちゃ!

・毛づくろいして取った多めの猫の毛

・ご飯の外袋 シーバやウェットフードとか

・固まる猫砂

・輪ゴム

・ビニールの尖った切れ端

・人間の調理した食べ物

■ペット用でも上げない

・煮干し、小魚
尿路結石になる猫もいます。

・かつお節
塩分があるので良くないです。

・安価なドライフード
成分が良くないことも。銀のスプーンは良くない。
 
・毛玉除去フード
子猫、体格(内蔵)の小さい猫、高齢猫、フードに敏感な猫には、刺激が強すぎるフードになる。食べることで内蔵が痛み、嘔吐やヨダレ、食べなくなり、体調不良や逆に毛玉が詰まる可能性もある。

・色々なドライフードを混ぜること

元気なはずなのに急に具合が悪そうにしていたり、吐き続けたり、食欲がなくなったりしたら、何か良くないモノを食べてしまったからかもしれません。痕跡がないか調べてみて、食べたようなら動物病院へ行ってください。

★獣医師が猫の誤食について詳しく書いてあるページがありました。おすすめです。

・PETKOTO
https://petokoto.com/articles/92

・ねこちゃんホンポ
https://article.yahoo.co.jp/detail/8896222e5160ef095296c7334a544265e7bf6a7e


  
お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー